Page: 1/1   
不正会計のツケはやはりBSにたまる


 IPOConsultantさんのブログに紹介があったので、私もシニアコミュニケーションズの不正会計に関する外部調査報告書を読んでみました。
 会計上の利益を確保するためにあの手この手を使って売上をかさ上げし、会計監査人を欺くために、上場で得たキャピタルゲインや持株を担保にした借入金をつぎ込んで債権の回収入金を装い、更には残高確認状の不一致を防ぐために、確認状を投函したポストで郵便局員が回収に来るのを待ち伏せして会社自らが確認状を回収、改ざんするなど、「本当によくぞここまでやりました!」という内容です。皆さんもぜひご一読をお勧めします。
  以下は、この会社の過去5年の業績推移です。
シニアコミュニケーションズハイライト情報

 「決算書を見るだけで、お行儀が悪いと思うところがかなりあるんだけど、不正会計の完全な証拠となるしっぽがつかめない」、会計監査人はそんな気持ちで監査していたのかもしれません。ちらっと数字を見るだけでも、気になる点はたくさんあります。

FCFは一度も黒字化していない。

 直近期を除いて営業CFは赤字ですし、投資CFのマイナスは毎年高水準です。特に直近2期の投資CFの中身の多くはソフトウェア取得支出です。のれんであれ、ソフトウェアであれ、無形固定資産の残高が年々増加していくのを見ると、職業柄、気分が悪くなります。

売上債権の回転期間が尋常でないほど長い。

 直近2期の債権の回転期間は、9.6か月、11.3か月と、通常のサービス業ではありえない長さです。上場前後の第三者割当増資で資金調達ができていなければ、早々に資金繰りに行き詰って破たんしていたでしょう。

2餬彿針
 この規模の会社で、IPO後の07/3期まで進行基準で積極的に売上をあげているなど、認められている会計処理であるとはいえ、会計監査人は気に入らなかったでしょう。

 それにしても、経営陣は旧長銀出身者が占め、大株主には東京電力と三井物産、事業内容は富裕層シニア向けコンサルビジネスと、一見すると、ユニークでエスタブリッシュメントな会社に見えます。それが、こんな古典的な会計不正をずっと続けていたのかと思うと、なんだかやるせないですね。経営者が本気になって不正をしている場合、内部統制監査報告書がいかに無力かも改めてよくわかります。

 不正会計をして利益をねん出していくと、必ずBSがメタボになってきます。それは運転資本(特に売上債権や在庫)の増加であったり、貸付金、建設仮勘定、無形固定資産などの増加という形で現れたりします。潜在的な投資家としては、その気配に気づけたかどうかは極めて重要です。

 やはり、個人投資家の皆様としては、「PL上いかに成長著しい会社に見えたとしても、キャッシュ・フローに黒転の気配がない会社は、見送っておいた方が無難である」ということが改めて認識できたのではないでしょうか。

 世間的なプライドとか、経済的成功とか、そういったものが経営陣を泥沼の不正に駆り立てたのでしょうか。粉飾決算でIPOを行い、持ち株の売り出しを行ったのは罪深いですが、そこまでして何を得たかったのでしょうか。なんだか、さびしい虚無感におそわれます。

 こんな時は、ハゲタカのエンディングテーマでも聴きながら、その詩の意味をかみしめてみるのがよいのかもしれません。
 

| cpainvestor | 23:23 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode