Entry: main  << >>
深セン訪問備忘録(2/2)−受託製造からイノベーション都市へ

 

ICTハイテク企業の両雄 テンセントとファーウェイ

 深センを代表するハイテク成長企業として必ず紹介されるのが、中国ICT分野のソフトとハードの両雄です。前者は、ゲーム、SNS、決済といったネットサービスを手掛けるテンセントであり、後者は、通信・ネットワーク機器を企画開発するファーウェイです。

 

10兆円ハイテク企業ーHUAWEI

 このうち、今回はファーウェイの本社を訪問する機会がありました。ファーウェイは、非上場企業であることもあり、詳細は謎に包まれているといわれます。ただし、業績開示はなされていますので、こちらを見ると、2017年12月決算では、売上高10兆円、営業利益1兆円、R&D投資も1兆円など、業績と成長実績は突き抜けていることがわかります(下図、1RMB=17円換算)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジニアの楽園 ファーウェイ本社

 深セン郊外、緑豊かな広大な敷地(東京ディズニーランドの4倍くらいあるそうです)に、低層階の建物が並び、3万人の従業員(6〜7割はエンジニアだそうです)が働くファーウェイの本社は、まさに圧巻の一言で、その豪華さに度肝を抜かれました。誰でも一度訪問したら、この一流大学のキャンパスのような環境で働いてみたいと思われるのではないでしょうか。

 

HUAWEI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(HUAWEI本社内の池と庭園、筆者撮影)

 

 R&Dの成果を展示する施設は、「あらゆるハードウェアやインフラがインターネットにつながることでオペレーションが効率化する、このIOTソリューションの提供において、ファーウェイのハードとソフトの存在は必要不可欠である。だからこそ多くのソリューションパートナーとの協業に取り組んでいる。」というファーウェイのメッセージで統一されておりました。

 日本でもいくつかの大企業の類似施設を見たことがありますが、何でも自前、グループ内でということではなく、外部の様々なソリューションパートナー企業の名前を掲示して、展示物が構成されていたことが印象的でした。ファーウェイも今はネットワーク機器や通信端末といったハードウェアの開発販売(製造の多くは外部委託だそうです)が主体なのでしょうが、いずれは、IOTをインフラ面で支えるプラットフォーム企業を目指すということなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(HUAWEI本社内の社員食堂の天井、筆者撮影)

 

日本にいると「浦島太郎」になるという危機感

 どうも日本にいると、「モノづくりに関するテクノロジー分野では、日本はまだ世界の先頭を走っている」というイメージがあります。しかしここに来てわかったのは、もう日本企業が束になっても勝てない事業規模とテクノロジーを有するモノづくり企業が、この国には続々と生まれており、そういった業界で働く優秀なエンジニアの能力や待遇も、既に日本を大きく上回っているという現実です。

 スマートシティ構想一つとっても、こちらは、現在進行形でいくつも新しい都市をゼロから創っているわけですから、建設、環境保全、インフラ運営などの最新の知見も今後は全てこの地で蓄積されていくわけです。そこに日本企業の名前を全く見かけなかったことは残念でなりません。

 

 アジアの国を訪れるたびに、若くエネルギーにあふれる活気と、その成長スピードに驚かされます。それと同時に、ゆるやかに衰退する日本、そこで危機感なく暮らす自分に焦燥感を感じます。「浦島太郎」にならないために、視野を広げて常にアンテナをはり、適度な危機感を持って仕事に励まねば、と思わされた1週間でした。

 


 

(ファーウェイ本社の池にゆうゆうと泳ぐブラックスワン、創業者が常に危機感を忘れないために飼育しているとのこと。筆者撮影)

 

 

 

| cpainvestor | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

来訪者数(11/18/07より)

クリックで救える命がある。

経済・投資情報


Shops

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

過去の人気エントリー

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode